アトピーを治そう!
HOME > 医師や薬とのつき合い方

医師や薬とのつき合い方

アトピーの人に主に使われる薬としてステロイド剤というのがあります。 きちんと医師の診断を受け、使用上の注意すべき点を守って使用しなければなりません。 塗り方を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。 強度の強いものは顔に塗ってはいけません。期間もきちんと守って薄くのばすように塗りましょう。

どんな薬があるのだろうか?

現在、アトピー性皮膚炎の治療は、薬物療法が中心となっている。使われる薬は、皮疹・炎症を抑えるもの、アレルギーを起こす化学伝達物質の働きを抑えるもの、皮…

ステロイド外用剤について

本来ステロイドは、体内の副腎皮質から分泌されるホルモンの一種であり、もともとわたしたちの体内にあるものだ。外用剤として塗布されたステロイドには、抗炎症作用…

ステロイド外用剤の使用は慎重に

アトピー性皮膚炎の治療に使われるステロイド外用剤は、5段階の強弱に分類される。全身の皮膚は同じように見えるが、実は部位別に薬の吸収率が異なるのだ。例えば…

薬と上手につき合う方法

長期間同じ薬を使用する場合、肝機能の検査などが必要となることがある。アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎の患者は、そうでない人と比べた場合、長期にわたって…

インフォームド・コンセントとは何か

当初は、ガン治療に際しての、患者に対する医師の態度についてのみ使われていた「インフォームド・コンセント」という言葉も、今では医療全般に対して使われるように…

名医は身近にいる

アトピー性皮膚炎の患者や家族の中には、良い医師を求めて日本全国を探し歩いているような人や、第一線の治療法を求めて、有名な大学病院や混み合う専門外来を訪…

必要に応じて、医師以外の専門家にも相談する

アトピー性皮膚炎の主な治療者は、ほとんどが西洋医学の医師だ。炎症のコントロールに関しては、医師に勝るものはないと考えられよう。しかし、炎症がひとやまを越え…

求められるチーム医療

心と身体のバランスが治療に大きく影響することに、多くの医師が気付き始めた。治そうとする意志、医療者の指導を信じて実行しようとする意欲、患者を支える家族との…