アトピーを治そう!
HOME > 化学物質とアレルギー

化学物質とアレルギー

アトピーの直接的な原因は不明ですが、化学物質を排除したら治ったという例があります。 化学物質とはさまざまな物に含まれており、水道水や服などの化学繊維、防腐剤や化学調味料などとにかく数えきれません。 その化学物質の中でも改善がよく見られるのが洗濯洗剤です。 無添加洗剤を使用するか、洗剤を使わずに選択すると服に化学物質がつかないの気持ちよく着られることでしょう。

化学物質のアレルギーへの関わり方

アレルギーと化学物質を理解するうえで、原因となる化学物質そのものの素質というよりも、「化学的作用の仕方」といった視点で捉えるべき事柄がある。それは、アレルギ…

食品添加物の問題を考える

食品添加物の多くは、主として加工食品の品質保持のために使われている。アレルギーの原因として良く知られているのは、タートラジンなどを使用した着色料で、じんま…

農産物と農薬について

農薬使用による弊害は、野菜そのものに使用された農薬が明記されていないため、仮に皮膚炎やアレルギー症状が起こったとしても、野菜そのものの影響なのか、調理…

家庭内農薬とは何か?

アトピー性皮膚炎やアレルギーの諸症状を持つ人は、ダニをアレルゲンとしているケースが多い。食物や花粉をアレルゲンとする人が、ダニやハウスダストにも反応してし…

水道水に含まれる塩素について

水道水の塩素や発がん物質を取り除く浄水器や、浄水機能だけでなく超酸性水やアルカリイオン水、深層水など、様々な水を精製する機器が人気だ。「水道水がまずい」と…

水道水の塩素対策

浄水器と一口に言っても、塩素除去が主目的の製品だけでもたくさんの数がある。消費者センターや市民団体が効果や安全性をチェックしているため、それらを参考にする…

洗濯用洗剤を見直す

洗濯用洗剤は、成分によって粉せっけんと合成洗剤に大別される。粉せっけんは、純せっけんに助剤として炭酸塩やケイ酸塩を添加したもので、合成洗剤は石油から合成さ…

せっけんやシャンプーにも気をつけて

アトピー性皮膚炎の人にとって、身体を洗うせっけん選びは重要だが、それ以前にせっけんを使いすぎないということも大事だ。なぜなら、せっけんを使いすぎると、肌の汚…